概要

概要

PCエンジン(ピーシーエンジン、PC Engine)とは、1987年10月30日に日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)から発売されたHE-SYSTEM規格に基づくコンシューマ用ビデオゲーム機である。
当時のメーカー希望小売価格は24,800円。
広義ではHE-SYSTEM対応マシンの総称、狭義では初代機、通称「白エンジン」を指す。
北米市場ではTurboGrafx-16(ターボグラフィックス16)の商品名で発売された。

ハードウェア

ハードウェア

当時市場で圧倒的シェアを得ていた任天堂のファミリーコンピュータの次世代機を狙い登場したゲーム機のひとつ。
同時期において、任天堂に対抗できた数少ない成功したゲーム機の一つである。
ハードウェアは、実質ハドソンが開発したものである。
CPUは6502カスタムを使用し、強力なグラフィック、スプライト機能を持った「HuC62」チップセットを採用している。
CPUは8ビットだが、グラフィック周りなど一部の処理は実際に16ビットである。
メモリはDRAMではなく、CPUのキャッシュメモリなどに使用される高速で非常に高価なSRAMが搭載されていた。
8ビット機ながら高速なプロセッサ、高速メモリアクセスなど洗練された設計思想により、後発の16ビット機と比べても遜色のない高速処理を実現している。
シューティングゲームやアクションゲームなどの二次元処理のゲームではバックグラウンド枚数の制約上苦手であった二重スクロール等の表現を、ラスタースクロール+スプライトやDMAによるキャラクタ書き換え等のプログラムの工夫により、擬似的ながらも再現していたゲームもあった。

ソフトウェア

ソフトウェアは、当初「HuCARD」(ヒューカード)と呼ばれるICカード型のROMで提供されていたが、その後CD-ROM「CD-ROM2システム」に提供媒体が移行していった。
なお、PCエンジンCD-ROM2システムは、パーソナルコンピュータも含めた世界で初めてとなるCD-ROMを媒体として採用した家庭用ゲーム機でありコンピュータでもある。
セーブデータのバックアップ方法として外部記憶ユニットを採用し、拡張端子で接続できるようにすることで、ファミコンなどで広く採用されていたカートリッジ内蔵式のバッテリーバックアップと比べて大きな容量を確保することを可能にし、また複数タイトルのデータを1台のユニットで管理出来るようにしている。
ただし、最初期は外部記憶ユニットが発売されなかったため、RPGを中心にパスワード式を採用したタイトルも存在した。
NECホームエレクトロニクスは、元々ハードウェア製造メーカーであるため、同業他社である任天堂やセガのようにハード・ソフト両方を自社開発することができない。
この為、初期ソフトのラインナップを充実させるため、ハドソンがその役目を果たした。
初代プレイステーションも似たようなシチュエーションではあったが、ソニー・コンピュータエンタテインメントは同グループ系列にある音楽・映画部門のノウハウを生かし、割と早期に問題を解決する。
一方のNECホームエレクトロニクスにはそのようなグループが無かった為、PCエンジン発売の同年にゲームソフト開発・音楽ソフト開発会社であるNECアベニューを設立させた。
自社グループによるソフト開発・発売はハード発売から約1年の時間を要した。

ソフトウェア

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net